仮設住宅

この10年、これほどの災害が立て続けに起こるとは、誰も考えていなかったと思う。被災者の方々が一日も早く日常生活に戻られることを祈る。

災害復興の一つの大事な要素として仮設住宅がある。極めて重要な要素であるが、やはり住宅。今回の一連の災害では、建設には敷地の確保を含め多くの時間がかかった。

今、日本には東南海地震と富士山噴火という、前者はかなり高い確率の巨大地震、後者は確率が少し曖昧ではあるが、一旦起きれば首都直撃という次の災害が控えている。

ならば、今のうちに、ある程度の仮設住宅を過疎エリアに準備しておいてはいかがだろうか。建てはしない。地域確保と基礎準備、資材保管だけである。さらに、災害が起きてから動き出すエリアもプライオリティーを決めて準備しておく。準備は早い方がいい。