社会科学
研究機構

Social Science Institute

基礎基盤研究から応用開発、社会実装まで
「研究」と「社会」をつなぎます

ただいまテレワーク業務を実施しております。

​ご連絡は本ページの「お問い合わせ」

からお願いいたします。

Data on a Touch Pad

複雑化する社会

構成する要素一つだけを見ていては、大きな流れを見失います

地球規模の環境改善への取り組み

利益だけではなく、環境負荷低減も 社会・企業価値です


何かを置き去りにするのではなく、全てのことに目配りし、

未来へ向かう必要があります

なんとなく窮屈で我慢する未来ではなく、

楽しくて、ワクワクする未来

いつの間にかそばにいて、ゆったりさせてくれる未来

私たちは、「こうあって欲しい未来を実現するため」に、環境・エネルギー・社会の視点で 様々な行動プランを社会に提案します。

目先の利益や遠い理想を追い求めるのではなく、

遠い理想を描きつつ、今やるべき事を示していく

それが、「社会科学研究機構」です


代表 高橋 毅

Business Meeting

R&Dコンサルティング

企画立案から成果報告まで
効率的な研究支援も

Convention

研究・開発

基礎基盤から応用開発まで
総合的なアプローチ

Campaign Pitch

エネルギー・環境教育

最新の情報と豊富な事例

STEAM教育のイントロダクションに

Businessman

プロフィール

高橋 毅

工学博士 

一般社団法人社会科学研究機構 代表

 

1974年 財団法人電力中央研究所入所

火力発電所の性能管理、事故原因調査・対応策の提案などを研究テーマとし、研究発表多数

研究成果実用化や知的財産のマネジメント、

研究プロジェクト企画、外国為替管理法と国際的な技術移転などのリスクマネジメントなどを担務

​2009年知的財産センター所長

2011年エネルギー技術研究所所長

2019年より同財団の名誉研究アドバイザー

2018年8月に一般社団法人社会科学研究機構を設立